直線上に配置  
  勝沼ワイングルメの旅   

2013年5月18日
 
 
 
 
船営三課同窓会の第二回は山梨にお出かけ

5月18日(土曜日)午前6時半自宅を出発。待ち合わせ場所の新宿駅西口は7時半に到着するも、周辺の道路は観光バスが行列を作って駐車しており、待ち合わせ場所には駐車できず。

結局隣の野村ビルの向かいに空きスペースを見つけ、ようやく車を泊めることができた。

午前8時半、全員が揃ったところで、一路勝沼を目指して出発。ナビゲーターは車酔いに弱いI氏が担当。

ところが、出だしから大失敗。首都高速の新宿ICで入口を間違えてしまい、霞ヶ関方面に逆走してしまった。あわてて次の外苑ICで高速を降り、改めて新宿に戻り、初台から高速へ。これでせっかく早めのスタートにしたのに30分程ロスタイムが出てしまった.
もっとも後ろの席で盛り上がっていたメンバーは知る由もなく、まあ良かった。やれやれ。

気を取りなおして首都高から中央高速を山梨方面に向かうが、八王子JCTで多重事故発生。1時間ほどノロノロ運転が続く。大月を過ぎてようやく渋滞解消。後は順調に走って、予定より30分遅れの11時丁度、勝沼の「ぶどうの丘」に到着。後ろの席では話が盛り上がっていて渋滞はまったく影響なかったようだ。



まずは昼食の前にぶどうの丘の目玉地下のワインカーブでワインの試飲を楽しむことにする。といっても運転手の私は皆について行って見学のみ。

ワインの試飲をするためには受付で「タートヴァン」という金属製の試飲用カップを買う必要がある。お値段は¥1100。首に下げられるようになっているが、かけてしまうとワインがこぼれて衣類にシミができるので、手に持つように指示された。ワインカーブへの出入りは当日限り自由にできる。



ワインカーブには白ワインの辛口から始まって順に甘口、カーブを曲がると赤ワイン。これも辛口から甘口へ。ワイン樽の上に試飲用のボトルがところ狭しと乗っているので、ちょっとづつ飲んでも全部回ればかなりのもの。飲まない私は憮然としながら皆に付いて回り写真を撮るだけ。



約1時間経過したが誰も食事に行こうとしない。この試飲はタートヴァンを持っていればこれが入場料代わりなので、丸一日何度でも出入り自由。これを再度念押しをして、食事の後もういちど来ることを約束して、ようやくバーベキューコーナーに連れ出す。
   
   

BBQは別棟の見晴らしのよい高台にある。肉と野菜のセット¥2000也を人数分注文。肉類は牛肉とソーセージのみ。(もっとも豚肉と間違えていた方もいたのでクオリテイ的にはどうだろう?) 野菜はもやし主体でかぼちゃ、たまねぎ、人参、ピーマンなど。鉄板でなくてご当地名物の「溶岩プレート」で焼く。溶岩プレートは小さい穴が無数にあるので、余分な脂分を吸収しヘルシーということになっているらしい。

¥2000のセットを注文。まだ来ないかな?



材料が到着



材料が残っている間に記念撮影



ライスも付いてきたがI氏と小生は健康上の理由から食べず。もっともI氏は最後にプレートの上でチャーハンを作って食べていたような?
食事を終えてI氏ほかA嬢、T嬢の3名のみ約束のワインの試飲に戻る。K氏と小生は展望階に移動し記念写真を!

30分ほど大急ぎで試飲を堪能して戻った3名を加えてあらためて展望階で撮影。



満腹になったところで、腹ごなしに「昇仙峡」に向かう。ぶどうの丘を出発したのは午後2時。登山をするにはちょっと遅すぎるが、メタボを避けるためには致し方無し。1時間かけて昇仙峡へ。時間の関係で渓谷の鑑賞は省略。仙娥滝まで行って弥三郎岳登山を決行!といってもロープウエイを活用?したので、登山そのものは往復40分ほどのプチ労働。ワインの飲み過ぎで全員足元が覚束ない状態。老齢?のI氏と小生は頂上直前で挫折。残る若者たち3名が最終ポイントの頂上まで登頂完遂。登山もどきを終えたらもう4時を回っていた。







本日のメインイベントのひとつ、「ほったらかし温泉」が残っているので、ただちに出発。約1時間でほったらかし温泉に到着。時刻は午後5時。
温泉の入り口で「こっちの湯」にするか「あっちの湯」にするかで悩むA嬢、T嬢。結局置いてあったサイコロを振ることもなく、全員「こっちの湯」(富士山が正面に見えるはず)をチョイス。

入り口でチケットを購入し、持参したクーポン券と引き換えに、ほったらかし温泉特製タオルをプレゼントしてもらった。上のサイコロの台に貼ってあるのがそのタオル。

この温泉には何度も来ているがクーポン券の存在は知らなかった。どうやら裏メニュー的なものらしくほったらかし温泉のHPにその存在は明らかにされていない。なにはともあれ良い記念ができた。

こっちの湯の最上段の露天風呂の正面には花曇りの中うっすらと富士山の頂上付近が雲の中に浮かんで見えた。もうすこし空がクリアであればもっと綺麗に見えるのだが。でもまあ今日は曇りのち雨の予報だったのだから、これで良しとせねば。風呂はぬる湯とあつ湯があってぬる湯(多分39度以下)が最高。下段の岩風呂はぬる湯より更にぬるい。手前のすすき越しに富士山が見える。コスモスが咲く頃はもっと綺麗だが、これはこれで良し。



夜景はこんな感じになるはず(次回に期待しましょう)



風呂あがりに禁を破って他の方々には内緒でI氏とソフトクリームをいただく。本当はここの名物「温玉揚げ」を食べたいところだがかなりカロリーが高いので敬遠。ソフトの中では一番カロリーが少ない(と思う)牛乳ソフトを選ぶ。I氏は温玉揚げに未練があるのか、ソフトを食べながら陳列棚の前を行ったり来たり。ベンチに座っているお嬢さんは無関係



全員が出たところで、最後のイベント、ほうとうの夕食タイム。
さてどこのほうとうにするか悩んだ挙句、石和駅前の「小作」に決めて山を下る。フルーツ公園を過ぎて平地に出たところで「歩成」という「ほうとう専門店」を発見。店の前の看板に2011,2012年度の「ほうとうチャンピオン」とあるので、期待が持てそう。すでに6時半を回っていて、新宿への到着時間が気になるので、ここで夕食タイムとすることに決定。





選んだのはワイン豚(トン)ほうとうと甲府のB級グルメ、「とりもつ煮」、馬刺しなど、ドリンクは甲州ワイン(私はぶどうジュース)を注文。ワイン豚といっても、さほどの特徴無く普通の豚との差は見分けられず。野菜とほうとうそのものには特に異色なところは無く、普通のほうとうの味だった。とりもつはなかなかの美味。馬刺しは好きな人はたまらないかもしれない。

またまたワインで良い気持ちになった4人を車に収容し、一路新宿へ。
途中「桔梗信玄餅」をお土産にというA嬢、T嬢のリクエストに応じて談合坂SAで休憩兼買い物タイム。私はその間に車内清掃に励む。最後まで結構忙しい。談合坂を9時に出発。

信玄餅

途中いつもの私のペースをはるかにオーバーするスピードで飛ばしてなんとか10時には新宿に到着。



いやーお疲れ様でした。