直線上に配置  
   ツアー  
 2011年5月13日〜5月15日
 
 


震災後ダメージを受けているのは東北だけでは無い。
東京近郊で気候温暖で、海の幸に恵まれた房総は大好きっな場所。
ところが、意外にも震災後は観光客がばったりと来なくなった由。
「CCC」でいつもお世話になっている金谷の「ザ・フィッシュ」で、風評被害を一掃すべくクラブメンバーが出動するとのことで、遅まきながら当家も参戦することにした。

14日土曜日の午後1時から「上原さん」のライブがあるので、なるべく早めに現地入りするため、前日の金曜日の夕方出発。泊まりは館山道の君津PA。

予定とおり午後8時に現地着。一見平らに見える駐車場も微妙に勾配があって、なんどか位置を修正し、ようやく車体の傾きがすくない位置で停める。

夕食は家ですませてきたので、するこもなくそのまま就寝。

翌朝は、早朝に起床。手早く朝食を済ませ、金谷へ。

午前8時前に金谷到着。すでに前夜から参加しているメンバーが多数終結していたが、まだ御休み中で人影無し。


8時過ぎにようやく起きてきた人がちらほら見えてきた。
当家は一昨年の湯沢音楽祭以来の参加なので、ほぼ初参加状態。知っているメンバーは「HMCC」の数名のみ。といっても名前がわからず顔の記憶だけ。

とりあえず見かけた人と名刺交換。このクラブはいつものクラブと大分雰囲気が違う。
参加している車種も外車、バスコンなど大型車が多い。AKML,大好きっ!のメンバーに比べ、比較的年齢層も高く、自営業の方々が多いようだ。

10時半になって、金谷の駐車場所から徒歩3分の距離にある「さすけ食堂」へ昼食を食べに出かける。ここはアジフライで有名な店だが、人気店とあっていつも入れない。11時開店だが、今回は特別に10時半開店にしてもらった。店に入るとすでに先客が。上原氏がすでに食事中!

私は名物のアジフライ定食(\1200)。誠子マミーはアジフライと鯵の刺身がセットになった定食(\1500)。もちろんこちらのほうが高い!

さすがに人気があるはずでアジフライの舌触り、食感が普通のアジフライとはぜんぜん違う。とにかくふわっと柔らかい。女将に「いつも振られていて、今日初めて食べられる」と申し立てたところ、スペシャルサービスで、大きめのとこぶしを追加してくれた。かじめ汁も旨かったな。
アジフライは6枚も入っていたが、あっという間に完食。誠子マミーは4枚プラス刺身で、これまた新鮮で旨かった由。二人とも幸せな気分で車に戻る。

ザ・フィッシュの特設野外ステージにて、ライブショー開始。
サクラを兼ねて最前列に陣取った。曲は我々世代が知っているものが大半で、久しぶりに安心して鑑賞することができた。ワイルドワンズ、加山雄三のナンバーから、村越幸三、松任谷由美など、どれも懐かしい曲ばかり。アンコールを含めあっという間の1時間だった。

ライブが終わり、懇親会の会場(ザ・フィッシュの駐車場の脇にある温室風の建物)へ。
ここで用意してきた「チョコフォンジュ」を振舞う。
ターゲットとなるべき子供が少ないので、誠子マミーに呼び出しをお願いするが、やってきたのは2家族?いちごとバナナの2種類だが、いちごだけで食べてしまう子供や大人が居てちょっと意外?

ま、おかげでママさん達と知り合うことができたので、これはこれで大成功。

車で休憩してから、夕食をどうしたものか協議。結局、買い物をするのも面倒ということで、駐車場の隣にある回転寿司「船主」へ。朝?のアジフライの量が結構なものだったので、おなかもあんまり空いて無い。ほんのつまむ程度で終了。二人合せて¥1760!

まだ日が高かったが、今のうちという事で温泉へ。場所は「さすけ食堂」の向かいにある「金泉館」。料金¥500と東京近郊としてはリーズナブル。お風呂はヨード分が多いようで、ちょっと黒味がかってぬるっとする。湯の温度は低めでこれは良かった。風呂は小さいが、相客無しで貸切だったので文句無し。・

夜の宴会の部では当家自慢の[肉みそ」を提供。最初は怪訝な顔をしていた皆さんも一口食べて旨いとの評価を頂いた。そういえばAKMLの最初の参加のときにも、これで一挙に名を挙げたことを思い出した。

残った肉味噌をビンごとHMCCのI氏に手渡し。お返しに自家製の「蕗味噌」を頂戴した。これまた旨かった。

さすがに50台以上も参加すると参加者が多きすぎて、名前も顔も覚えられない。今回は顔見世で終わりそう。

翌日は風も収まり好天気。久しぶりにスケッチを楽しむ。描いている間にギャラリーがひっきりなしに顔を出すのでおちおち描いていられない。なんとか1枚仕上げて今日は終了。

その後U氏の後部荷台の設置工事を見学してから、皆さんにご挨拶し館山へ向かう。
なぜ館山かというと昨年館山のホテル内で食べたアクアパッツアが旨かったことを思い出し、誠子マミーに勧めていた経緯もあり、こんかい案内することにしたもの。

館山の航空自衛隊のそばにあるJRのホテル「ファミーリオ」の中の「ボーノ」というイタリアンレストラン。ちょうど正午に到着したが、先客は1組だけ。日曜日のお昼にしては随分少ない。昨年のデイナータイムではほぼ満席で我々3名が最後のテーブルだったのに。やはり観光客が減っているのは確かなようだ。

メニューにはランチコースのみとなっていたが、給仕頭にどうしても「アクアパッツア」が食べたいと交渉したら、意外にもOKの回答。アクアパッツアの残りのスープで作ってくれたパスタが旨かったので、これもリクエスト。無理を聞いてくれたので、値段も聞かずにオーダー。果たしてどのくらい請求されるかはらはらしながら食べる。誠子マミーはそんなことも知らず、旨いうまいと食べてくれてこれは良かったが。今回のメインは「ほうぼう」。前回は金目鯛だった。他には貝類で、とこぶし、あさり、はまぐり、さざえが添えられている。パスタはあっさり味だがガーリックがかなり利いていて、レストラン中がガーリックの香りで一杯になった。

さて請求書だが、おそるおそる確認したら、食後のコーヒー込みで、¥3900!ということはアクアパッツアは一人前¥1500という計算。ランチコースが¥1800だから、これより安かった。量的にはランチコースよりも我々向きで結果オーライ。ここはお勧めです。

以上にて今回の行事はすべて終了。帰りに館山高速道のPAを兼ねた道の駅「富楽里」にて野菜を大量購入して午後3時に帰宅。やはり千葉は近いし、安いし、旨い。最高!