直線上に配置  
  静岡B級グルメオフ第一弾   
2009年6月5~7日 
 
  ことしも行ってきました。とよとみ スイートコーン 収穫祭

6月5日

6月の第一週の土曜日は知る人ぞ知るブランドとうもろこし、「ゴールドラッシュ」の収穫祭。
今年も予定とおり6月6日に開催されることを確認し、クラブメンバー6台で、山梨県の道の駅「とよとみ」に繰り出した。
このとうもろこしの特徴は何といっても生で食べられること。とにかく柔らかくて甘い。フルーツ感覚で食べられます。収穫祭に出品?されるのは朝獲れだから、とにかく新鮮。私達もリピーターで、こことよとみには?回目の出撃となる。とにかく人気商品であっという間に売り切れてしまうので、朝一番で並ばないといけない。という事情で、前夜から道の駅に集結。


私の車が6番目に到着し、無事全車が揃った。いつも先乗りのわたしだが、高速1000円割引の適用を受けるため、最寄の境川PAで仮眠を取って、12時を回ってから甲府南ICを下りた関係で、最後になったもの。到着時刻は午前1時半!とりあえず皆さんにご挨拶してから、再度ベッドへ。でも皆さんはあれからまだ外で懇談していたみたい。

6月6日 

例によって事故の後遺症で夜半に首の痛みで目が覚めてしまい、またダイネットで寝る羽目になったが、安眠できず、6時には起きてしまった。さすがに駐車場にはまだ空きがあったが、1時間も経たないうちに、あっというまに満車。

ちょっと油断していたら、9時から販売開始なのに、もう列が出来ている。皆でまだ大丈夫だと言っていたので、安心してトイレに行っている間に、メンバーはすでに並んでいた。油断も隙も無い。
今日の販売数量は2万本。お一人様3箱ないし30本の制限あり。一箱 2270円也。

やはり9時になるのを待たず早めに販売開始。
わたしたちも全員希望数量をゲット。列に並んでいる間に無料サービスのゆでもろこしを少しいただいたが、やはり甘い。今年も期待が持てそう。


もろこしをゲットできた以上、ここにとどまる必要も無いし、駐車場を大型車で占拠するのも本位ではないので、早々に退去し、本日の目的地精進湖へ向かう。
「とよとみ」から精進湖までは延々と登りが続く。キャンカーでは一番不得意な坂道、アクセル前回で40kmがやっと。ふうふう言いながら登ること30分ほどでようやく精進湖のP泊場所、精進湖キャンピングコテージの前の浜辺に到着。ここは一応前記キャンプ場の敷地にあるようで、入場料が必要。大人一人800円。洗い場と綺麗なトイレが付いているので、キャンピングカーであれば十分な内容。目の前の桟橋からカヌーを漕ぎ出すことも可能。


ここのウリは何といっても富士山の眺め

   

昼前に到着したが、各ファミリーともさっそく鍋に湯を沸かしてもろこしを茹でる、ゆでる。うちは用意してきた「流しそうめん機」をセットし、もろこしはやまちゃんのお鍋を使わせてもらい、こちらはひたすら素麺を茹でた。子供向きと思って格安でゲットしてきたマシンだが、大人も結構楽しんでくれて投資した甲斐があったというもの。今回だけで十分元が取れた!流し素麺ではなくて、回り素麺といった人も居たが。ま、写真はどうみても回り素麺機!

以後、時間とは無関係に宴会モードに突入。
途中で思い出してキャンプ場へ支払いに

   

さてさて皆さんの作っているものはこんなものだった。今回はダブルことなく、それぞれ創意工夫を凝らした傑作ぞろい。じっくり写真をご覧ください。

まずはもろこしの皮むき
こちらも
流し素麺 カレーうどん
おもちワッフル にんにくの大葉はさみ揚げ
しぞーかおでん ハラミ焼き
生鰹 あっというまにおろしてくれた
  
一同腹ごしらえがひととおり終了した段階で、今回のオフ会のもうひとつの目玉、カヌーへ。

キャンプ場の中にカヌー、釣り用の桟橋があるので、カヌーには絶好の場所。晴れていれば正面には富士山がどーんと鎮座しており、申し分のないロケーション。

今回が2度目の組み立てのJUNさんを皆で暖かく見守りつつ、組み立ては無事に終了。さっそくかわるがわる乗せていただいた。

   
   
   
   

終わり