安曇野新蕎麦オフ


2008年12月5〜7日

蕎麦屋「みはらし」にて



12月5日(金)
午前中はオフ会用の準備。いつものよう清水タンクを満タン。ガソリン満タンで結構忙しい。
それにしてもガソリンが安くなって助かる。当家のようにロングドライブがメインだと、遠出するのに躊躇したが、ホントに助かった。一時の高値はナンだったんだろう?

てなことをブツブツ言いながら、午後1時半に出発。途中雨降りだったが、夕方何とかP泊予定の横川SAに到着した。売店では「だるま弁当」と「峠の釜飯」を売っていたが、誠子マミーは迷わず峠の釜飯をゲット。私は釜飯は多すぎるので、売店の「おにぎり」で簡単に夕食。

夜は取り貯めていたDVDを見ながら過ごし、早めに就寝。

 
12月6日(土曜日) 
 
早朝(6時)起きたら道の駅「しもにた」で泊まっているとばかり思っていた「らいる号」が隣に泊まってた。

すでに雨はあがり晴れ間がでている。山にかかる朝焼けが綺麗だった。朝食後、あわただしく安曇野に向けて出発。


途中道の駅「中条」にて地物の野菜を購入。ここはバカ安だった。
買い物を終えて北アルプスの絶景ポイント、白馬直前のサンパークで休憩していたところ、何とちらちら雪が舞ってきた。
この天気で足湯は無いだろう衆議一決し、そのまま目的地蕎麦の「みはらし」方面にUターン。

途中で今夜の温泉(薬師の湯)偵察のため小休止。風呂屋さんの向かいにある「酒の博物館」にて酒(らいる家)とジュース(しーと家)を購入。 

「みはらし」には11時半に到着。まだ開店前とあって外で待機。気温は4〜5度位か。それにしても寒い。外で待っているのはしんどいということで誠子マミーは早々と店に入れてもらってストーブで暖をとっていた。

ひさしぶりに3名のフルメンバーで、ようやくケイパパ登場。
誠子マミーも店から出てきて全員でお迎え。

店の奥の座敷に全員そろって大盛りのざるを注文。総勢9名。


ただひたすら会話もすくなく全員黙々と食べる、たべる。あっという間に完食。つけあわせの野沢菜が旨かったが、やはり蕎麦の旨さは別格。みてくれはぶつぶつ切れていて決して格好よくないが、味は抜群。大盛りでもまだ食べ足り無い感じだが、このへんでやめるのがいいのだろう。

食事が終わってから「マックスバリュー」で恒例となった激安ツアーに突入。みんな一生懸命に買い物に勤しむ。当家も車用に足りない用品類を買い漁る。生活用品関係が終わってから、今度は食料購入。なんだかんだいって2時間くらはここで時間を費やした。

大人たちはこの間を利用して、これまた安曇野名物「馬刺し」を買いに明科駅前の専門店「フルサワ」へ。トロと赤身をお買い上げ。

買ったときはこんな感じ 刺身用に切ってもらった



この後、P泊地をどうするか協議したが、とりあえず温泉にいってから決めることに。
今夜の温泉はさきほどチェックした薬師の湯(酒の博物館で割引券をもらったので1名様500円也)。駐車場も広く、温泉に入ってからまた移動するのも面倒なので、今夜はここの駐車場でP泊決定。安心して風呂に入る。露天風呂から見える山の景色もよくいつまでも入っていられる感じ。女性軍はたっぷり1時間半。全員そろって車にもどり夕食の準備。

当家は初めてガスレンジを使用。やはり懸念されていた着火状態が良くない。それでもなんとか準備完了。豚肉の味噌漬けは味が濃すぎて失敗!いつもの肉ミソ、おでん、かぼちゃ。テーブルの上が混雑するので、お粥は宴会に先立ち食べておいた。やまちゃん、けいぱぱファミリーも準備完了して、これまたいつものようにしーと車で宴会。みんなで買いにいった馬刺しがメインだったが、これは予想外に旨かった。ウマといわれないと分からないくらい。誠子マミーも最初はおそるおそるといった感じであったが後はパクパク。余るかと思われたが、宴会が終わる頃にはもう無くなっていた。まあちゃんご馳走様(負担金が少なくてごめんなさい!)


宴会の後ケイパパファミリーはけいた君のクラブ活動があるとのことでそのまま帰途へ。お疲れ様でした。
別れるのが悲しくて泣いているのかな?

残ったやまちゃん夫妻と長々と懇談。某社のキャンカーの話、スキーの話で盛り上がったが、ゆきちゃんがおねむの時間になり、いつもよりかなり早め(10時!!!)にお開き。
お疲れ様でした!

12月7日

朝起きたら寒い!気温は零下!しかし昨日と違って快晴!
晴れているとさすがに冷え込みがきつい。

しばらくしたら旭が昇ってきて気温は上がり始めたがそれでも4度位か。朝5じから開いていると聞いていた温泉は8時にならないとオープンしないということで今朝は断念。朝食後、年賀状の写真撮影用にあらためて白馬のジャンプ台方面に引き返す。ここから見る北アルプスはすっかり雪景色で絶景。すでに一部のスキー場ではリフトも動いており、もうできるようだ。

この北アルプスを背景に最高のショットが撮れた。やまちゃんありがとう。やはり車の位置決めをちゃんとやったのが良かったようだ。


さあ、これで今回のスケジュールは終了。あとは一路東京へ。途中道の駅中条で往きと同じように新鮮野菜を大量ゲット。かなり買ったがそれでも値段は東京のスーパーの3分の1程度。流通経費がいかに高いかを思い知らされた。といいつつ我々も高速代とガソリン代を考えるとかなり高い買物にはなっているはずだが。
ここでやまちゃんファミリーとサヨナラ。あとはマイペースで帰還。昼時になって東部湯の丸SAでランチをしようと立ち寄ったらまたやまちゃんと再会。あらためてお互いの無事帰還を願いつつお別れ。
 

終わり